現代における通信技術のめざましい発達により、文字や画像などの2D情報を手軽に入手することができるようになりました。パソコン、スマホ、タブレットなどを介して得られる2Dの情報が、今後3D情報として皆さんの暮らしに影響を与える日がくるかもしれません。

テレビ放送がモノクロからカラーへ、コピー機がモノクロからカラーへ、そんな時代もありましたがデジタルデータが2Dから3Dに移行する時代はすぐそこまで来ているようです。

実際に3Dデータの数々は、3Dプリンターなどを活用しながら、すでに皆さんの暮らしを支える一部の要素となっているかもしれません。たとえば医療現場におきましては、義足や義手など人間の立体的な身体の造形を模写するうえで活躍しはじめているようなのです。