現代においてコピー機の「拡大」「縮小」機能が、比較的自由なサイズを選べるようになったのは、「アナログ」から「デジタル」への移行がもたらしたものであると言われているようです。デジタル式のコピー機が開発される以前では、コピーの「拡大」「縮小」はレンズの切り替えによって行われていたようなのです。

デジタル信号を使用したデジタルコピー機では原稿の文字や画像情報をスキャンし電気信号として記憶することで、これまで以上に「拡大」「縮小」のサイズを自由に選択できるまでになったようなのです。

デジタルコピー機は、ただ単に原稿をコピーするだけではなく、電気信号として読み取って内部に記録することができることから、情報の漏洩につながるなどといった懸念材料ともされているようなのです。