オフィス内のエコ活動を考えるなかで、どうしてもコピー機はOA機器のなかでも悪モノになりがちであるような気がするのです。

実際に、紙資料を作成した際の環境への影響と、資料の閲覧にデジタルデバイスを利用する際の環境への影響を比較するなかで、着目しておきたいのはオフィスなどで多用されているOA用紙はの資源リサイクルの率がアップしていることなのです。

過去のごみ問題から比較いたしますと、都心部における紙のリサイクルはやその他の資源リサイクルとともに大幅に環境に配慮した形で再利用が試みられているようのです。そのような観点からコピー機の使用用途を考えますと、OA機器のなかでのコピー機の存在は、悪モノとしての扱いとは程遠いような気がしてならないのです。