企業がコピー機を導入するときは、レンタルまたはリースという方法がおすすめです。頻繁かつ長期的に使用するならば購入したほうが安くなる場合がありますが、初期費用が相当に高額になるのでリスクがあります。レンタルやリースは初期費用を抑えて導入できるので、気軽に数台を設置するなんてことも可能です。コピー機のレンタルやリースは、購入後の失敗を回避できるメリットもあります。企業にとってコピー機は必需品ですが、職場にコピー機の専門家がいるというケースは少ないでしょう。間違ったタイプを選択してしまうと、使い勝手が悪いばかりか、ムダな出費につながる可能性があります。レンタルやリースサービスであれば、コピー機のプロに相談して最適な機種を選択することが可能です。