紙は一見すると滑らかな質感をしていますが、非常に小さいレベルで見ると縦あるいは横のどちらかに線が入っています。それは製造過程でできるもので、大抵の紙は複数のロールによって、薄く引き伸ばしながら作られます。その引き延ばしの際の流れに沿って目ができます。そしてそれをどのようにカットするかによって、長辺と短辺のどちらに目が流れているかが決まります。その内長辺と目が平行なものを縦目、短辺と並行だと横目と呼びます。
そんな縦目と横目は、加工する際に影響してきます。紙を折る際は、基本的に流れと平行にした方がスムーズかつ歪みが少なく済みます。また目とは垂直の力に強いため、耐久性を高めるためにも意識しなければなりません。さらに紙は水分を含むと、目と平行に曲がる性質を持っています。そのため長期的に使用するのであれば、曲がりにくい方を選択する必要があります。もし紙を曲げる加工を施すのであれば、当然流れと平行になることを意識した方がきれいな仕上がりになりやすいです。