コピー機はビジネスシーンには欠かせない、必需品です。職種によって多少頻度は変わりますが、ほとんどのオフィスにおいて印刷作業は毎日の日課といえるものです。

文字通り毎日大量のパンフレットやチラシ、書類等を出力していると気がかりになるのがインク代や用紙代です。

コピー機の利用頻度を下げてコストダウンを図る、というテクニカルもありますが、他にも様々な工夫があります。

例えば、実際に書類やパンフレットを出力する前に印刷プレビューを活用する手段です。

パソコンやタブレット端末の画面にて出力後の仕上がりをしっかりと確かめた上で、実際にプリントアウトを実施すれば、いわゆるミスプリントは予防可能です。

次に社内向けの文書は、コピー機の白黒モードでプリントアウトするという手段があります。

文字中心の資料であればモノクロ印刷でも違和感はありませんし、社員向けの物なら見た目にこだわるメリットも少ないでしょう。

他にも両面印刷や集約印刷でなるべくアウトプットを実施する等、工夫次第でコピー機のランニングコストは上手く圧縮可能です。

コピー機選びの心得>>ホーム